レーザー治療

肝斑プログラム

レーザー治療とは

当院では、しみや肝斑、くすみ、炎症性色素沈着、毛穴の治療に「MedLite C6(メドライトC6)」を使用します。従来の1064nmという波長に加えて532nmの波長での出力も可能です。これによってしみ色素の深いもの、浅いものなど深さに応じた治療が可能です。

  • Qスイッチやぐレーザーとは
  • レーザートーニングとは
レーザー治療の効果
  • 現在あるしみ、これから出てくるしみを抑えます
  • 肝斑を効率的に短期間で治療します
  • くすみを取り、明るい素肌へ改善します
  • 時間が経っても薄くならない残った色素を取り除きます
  • キメの整ったお肌へ改善します

シミ・炎症性色素沈着に「Qスイッチヤグレーザー」

532nmの光は、メラニンの吸収率が高く、皮膚の浅いところにとどまるので、皮膚の浅いところ(表皮内)にメラニンがあるしみに用います。Qスイッチ・レーザーの「Qスイッチ」とは、超短時間に高エネルギー照射を行える機能を備えているので、しみのない正常な皮膚にはほとんどダメージを与える事はありません。しみの色素だけに反応し、その部分にだけダメージを与えます。照射後、一時的に患部の色が若干濃くなることもありますが、次第に薄くなりかさぶたになってはがれ落ち、新しい皮膚ができあがります。

症例写真 Qスイッチヤグレーザー

症例写真 Qスイッチヤグレーザー 治療前から3ヶ月後まで

レーザーを照射し、4〜10日前後でカサブタがとれます。
その後、カサブタがとれた部分はピンク色になり徐々に肌色になっていきます。その期間は皮膚が薄くなっている状態ですので、二次的色素沈着が起こる可能性がございますが、徐々に落ち着いていきます。大きなしみも照射できます。また、ほとんどが一度の治療で薄くなります。

※当院では二次的色素沈着のケアも含めて詳しくお話させていただいております。
※レーザーを照射した部分には一週間程度、肌色のテープを貼ります。

しみの治療経過について
色素沈着を防ぐための3つのポイント

施術概要 Qスイッチヤグレーザー

治療時間 5分
来院 3~6ヶ月後にシミが残っていれば2回目の照射を
行います。
※最低3ヶ月空けてからの照射ですが、状態によっては
1〜2ヶ月でも照射できる事がございます。
痛み※ ゴムで弾かれたような痛みです。
腫れ※ ありません。
内出血※ 基本ありませんが、まれに生じる事もあります。
シャワー/洗顔/洗髪/
入浴/メイク
当日から可能です。
洗顔時治療部位を強くこすらないよう優しくして下さい。
メイクはテープの上からしていただけます。
その他 治療後は日焼け止め(UVケア)をするよう
心掛けて下さい。

※個人差があります。

治療を受けられない方
  • ・眼球瞼上へのレーザー照射をご希望の方
  • ・光過敏症の方、または光過敏症を引き起こす可能性のある薬を服用中の方
  • ・悪性疾患、またはその疑いがある方
  • ・出血性疾患を有する方
  • ・肝斑を有する部位(ただし、低出力照射でのレーザートーニングは除きます)
  • ・治療部位に金の糸を入れている方
  • ・リウマチ既往歴、金製剤の服用歴がある方
  • ・過度に日焼けをしている方、過度に肌の色味が濃い方

治療の流れ Qスイッチヤグレーザー

  • 医師によるカウンセリング
    経験と実績の豊富なベテラン医師が、患者様のお肌の状態や気になる症状、治療方法などについて、じっくりカンセリングをします。

    カウンセリング風景

  • クレンジング・洗顔
    施術前に、クレンジングと洗顔を行い、メイクや汚れを十分に落とします。
  • レーザー照射
    シミの部位にレーザーを照射します。
    パチパチと輪ゴムで弾かれるような痛みです。
    ※お顔の剃毛をしてからのご来院をお願いしております。
  • アフターケア
    特に通院する必要はございませんが、気になることがございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。状態によりご来院いただきます。

よくあるご質問 Qスイッチヤグレーザー

Qスイッチヤグレーザーは痛いですか?
Qスイッチヤグレーザーは、例えると、輪ゴムで弾かれる程度の痛みを感じられる患者様が多いようです。 麻酔も必要ありません。
治療後、注意する事はありますか?
治療後、紫外線に当たらないようUVカットは必ず行って下さい。
治療部位に強い刺激を与えない様にして下さい。
何ヶ月ごとの治療ですか?
しみの場合は3~6ヶ月後にまだ残っているようでしたら2回目の照射になります。
治療する前よりしみが濃くなった気がするのですが…?
治療後、二次性の色素沈着といって一時的に色が濃くなる場合がありますが、時間と共に薄くなりますのでご安心下さい。
治療後すぐにお化粧をする事ができますか?
治療後1週間は、皮膚を保護し回復を早めるために肌の色に近い茶色のテープを貼りますが、テープの上からファンデーションなどのお化粧も治療直後からできますので、ご安心ください。

料金表 Qスイッチヤグレーザー

診療内容 料 金
レーザー 1mm/3,000円

※すべて税抜き価格です。

レーザートーニングとは

レーザートーニングとは
レーザートーニングは、Qスイッチヤグレーザーを用いた肝斑の治療に優れた機器です。非常に弱いパワー1064nmで肌に刺激を与える事なく、肌の中に滞留しているメラニンを少しずつ壊していくことで、安全で確実に肝斑を治療します。またくすみ・毛穴の開きや黒ずみにも効果的です。ダウンタイムやかさぶたなどのストレスを感じずに治療を受けることができます。

<プレトリートメントの併用>
メラニンの活性をできるだけ抑制した状態でレーザートーニングを開始する為に、レーザー治療を行う1〜2ヶ月前より、トラネキサム酸・ビタミンC・ビタミンEを内服するプレトリートメントを推奨しています。

症例写真 レーザートーニング

  • 症例前と症例後写真1

Qスイッチとは違い、大きなかさぶたができません。照射後は全体的に赤みがでますが、すぐに軽快します。レーザーまた毛穴に一致して赤いポチポチが(毛嚢炎)がでることがありますが数日で軽快します。治療を重ねる事によって徐々にシミ・肝斑が薄くなっていきます。また毛穴の開きやくすみも改善されるので、透明感のあるお肌になります。照射した後のメイクは可能です。

施術概要 レーザートーニング

治療時間 20分
来院 1週間〜2週間の間隔を目安に、
5~10回程度の施術が最も効果的です。
※お肌の状態により個人差があります。
痛み※ レーザー照射中は、多少チクチクする痛みがあります。
治療後は全体的に少し赤みが出ますが、数時間程度で
改善します。また、膨疹(ぼうしん)がでる場合が
ありますが一時的なものですので、ご心配いりません。
腫れ※ 多少ありますが、当日のうちに治まります。
内出血※ ありません。
シャワー/洗顔/洗髪/
入浴/メイク
当日から可能です。
入浴は長時間避けてぬるめのお湯にして下さい。
洗顔は皮膚を強くこすらないように優しくしてください。
その他 治療期間中は 、内服や日焼け止め(UVケア)をするよう
心掛けて下さい。

※個人差があります。

治療の流れ レーザートーニング

  • 医師によるカウンセリング
    経験と実績の豊富なベテラン医師が、患者様のお肌の状態や気になる症状、治療方法などについて、じっくりカンセリングをします。

    カウンセリング風景

  • クレンジング・洗顔
    施術前に、クレンジングと洗顔を行い、メイクや汚れを十分に落とします。
  • レーザートーニング
    お顔全体に照射していきます。
    施術中はチクチクと痛みを感じる程度です。
  • アフターケア
    特に通院する必要はございませんが、気になることがございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。状態によりご来院いただきます。

よくあるご質問 レーザートーニング

肝斑とはなんですか?
肝斑とはしみの一種で、一般的に30~40代のアジア人女性に多く見られます。境界が不明瞭な薄茶色のしみが頬骨のあたりに左右対称に出ることが多いです。原因はまだ明らかになっていませんが、妊娠や経口避妊薬の服用をきっかけにあらわれることがあることから女性ホルモンが関与していると言われています。また、ゴシゴシこするような物理的な刺激も肝斑ができる原因と考えられています。
肝斑にレーザーを当てるとよくないと聞いたのですが、
レーザートーニングは大丈夫でしょうか?
従来のレーザーは肝斑を悪化させる可能性がありました。
レーザートーニングは従来のレーザーと異なり、非常に安定した微弱なレーザーを照射して、肌への刺激を最小に抑えてメラニンだけに反応しますので、適切に治療を行えば、肝斑が悪化することはありません。
レーザートーニングは何回くらいやると効果が出ますか?
まず、1~2週間おきに5回の治療をお勧めしています。効果の程度には個人差はありますが、5回の治療でほとんどの方が効果を実感できます。さらに改善をご希望の場合は、もう5回治療を行うこともあります。
レーザートーニング後に赤くなったり腫れたりしますか?
レーザートーニングは弱いパワーでレーザーを照射する肌にやさしい治療ですので、治療直後は軽く赤みがでることがありますが、強い赤みや腫れがでることはありません。
また、イオン導入によって赤みを抑えることができます。
トーニング直後からお化粧も可能です。
痛くないですか?
軽い刺激を(火照り)を感じます。麻酔の必要はありませんが、痛みに弱い方は医師にご相談ください。
※痛みの感じ方には個人差があります。
回数必要ですか?
レーザートーニングは、治療回数を重ねて少しずつ肝斑やシミ、くすみを改善し、美しい肌へと導きます。
効果は多くの方が1回目から実感されます。月に1回程度で継続する方もいらっしゃいます。1~3カ月おきに5回の治療をお勧めしています。

料金表 レーザートーニング

レーザートーニング

レーザートーニングは、メドライト(QスイッチNb:YAGレーザー)という医療用のレーザー機器を使用した新しい治療法です。非常に弱いパワーで肌に刺激を与える事なく、蓄積したメラニンを少しづつ減らしていきます。肝斑治療に効果的。

効果のある箇所 肝斑・しみ・色素沈着・毛穴・くすみ

治療時間 20分

<顔>
1回通常 1回トライアル 1クール5回 1クール10回
25,000円 15,000円 80,000円 150,000円

※すべて税抜き価格です。
※レーザートーニング・イオン導入とセットで行った場合は10%OFF

肝斑プログラム

肝斑に悩むほとんどの人が、シミ(老人性色素斑)も混在すると言われています。
又、シミに悩む人はかなりの確率で肝斑と言われています。
まずはベースとなる肝斑を治療し、状態をみながらシミ治療をしていきます。
2つの異なる機械により肝斑とシミに対して効果的に安全に治療する為のプログラムになります。

効果のある箇所 肝斑・シミ(老人性色素斑)

<顔>
1クール5回 1クール10回
通常価格 277,000円 → 221,600円 通常価格 480,000円 → 360,000円

※すべて税抜き価格です。
※肝斑プログラム5回
(ミルクピール5回+高濃度VC点滴25g5回+イオン導入(T)10回+トーニング5回+ルミキシル1本)
※肝斑プログラム10回
(ミルクピール10回+高濃度VC点滴25g10回+イオン導入(T)20回+トーニング10回+ルミキシル1本)
※トランサミン導入

ページトップへ