内服薬・外用薬

内服薬・外用薬とは

しみ治療、絶大な効果のある、しみとりレーザーや、フォトフェイシャルを受けただけで安心していませんか?せっかく治療を受けて綺麗になっても、その後のケアで大きく変わってしまいます。
そこで、お受けになられた治療効果を長続きさせるために、簡単にご自宅で出来る治療として、内服薬の治療をご紹介します。内服薬治療のメリットは、ご自宅で手軽にでき、副作用の心配もなく体の内側から働きかけてくれるところです。当院オリジナルのしみ内服薬の成分は、しみに効果のあるビタミンCや、肝斑の特効薬であるトラネキサム酸、ビタミンCとの併用で相乗効果のあるビタミンE・そして美肌効果が非常に高いプラセンタなどがあります。

名古屋中央クリニックで行う「内服薬」治療

ビタミンCとは

ビタミンC
効果
  • メラニン色素の生成を抑える
  • しみ・そばかすの色素沈着の緩和
  • コラーゲン・エラスチンの生成を助ける
  • 免疫力を高める
  • 美白作用
  • 皮脂の分泌を抑制し毛穴を目立たなくさせる

ビタミンEとは

ビタミンE
効果
  • 若返り・老化防止
  • 抗酸化作用(アンチエイジング)
  • 血流を促進して皮膚や体内を守る
  • 目元のくま改善効果
ビタミンEはビタミンCと一緒に摂ると倍以上の効果です。
活性酸素を無害化したビタミンEは、活性酸素を消す力がなくなってしまいます。ビタミンCは、無力化してしまったビタミンEを元に戻す働きがあり、ビタミンCによって復活したビタミンEはまた新たな活性酸素を無害化できるようになります。

トランサミン(トラネキサム酸)とは

トランサミン(トラネキサム酸)

しみの中でも女性ホルモンのバランスが乱れることで起こる肝斑の治療に有効で、メラノサイトを活性化させるプラスミンという情報伝達物質の働きを阻害することで効果を発揮します。

効果
  • メラニン色素の生成を抑える
  • しみ・そばかすの色素沈着の緩和
  • コラーゲン・エラスチンの生成を助ける
  • 免疫力を高める
  • 美白作用
  • 皮脂の分泌を抑制し毛穴を目立たなくさせる

プラセンタとは

プラセンタ

豚の胎盤から抽出したプラセンタサプリメントです。
忙しく不規則な毎日で疲れてしまった現代人の健康と美容に、さまざまな働きをもたらします。
プラセンタが美容、健康と幅広くサポートしてくれるわけは、プラセンタに含まれる豊富な栄養素にあります。たんぱく質、脂質、糖質の三大栄養素はもちろん、数種類のアミノ酸、活性ペプチド、ビタミン、ミネラルなどバランスよく豊富に含まれています。身体の中から若々しさと活力をもたらします。
※ホルモンなどは一切含まれていませんので、安心してお飲みいただけます。

当院オリジナルセット

診療内容 詳 細 料 金
ビタミンC+ビタミンE 手軽に美白ケア 4,000円
2,500円
肌治療と併用の場合
ビタミンC+ビタミンE+トランサミン 主に肝斑に対して効果的 6,000円
3,500円
肌治療と併用の場合
ビタミンC+ビタミンE+
ビタミンB+プラセンタ
しみは勿論にきびなど
肌トラブル全般
15,000円
9,800円
肌治療と併用の場合

※すべて税抜き価格です。

名古屋中央クリニックで行う「外用薬」治療

ハイドロキノン5mgとは

ハイドロキノン5mg

体内でしみの原因となるメラニン色素を合成するチロシナーゼという酵素の働きを阻害し、メラノサイトの活動を停止させ、減少させる作用を持った薬剤です。これによって、新しいしみを作らせないようにします。各種レーザー治療などの後の色素沈着の予防としてもお勧めです。

料金表を見る

ページトップへ